2011年07月26日

コパアメリカファイナル!祝ウルグアイ戴冠!!

ウルグアイ優勝.jpg
photo by bbc

ウルグアイ優勝!!
戦前の予想はアルゼンチンでの開催ということもあり、アルゼンチンかブラジルか、のようなものが多かったが、結果を見てみると‥‥
それに匹敵するタレントと選手層を持っていたウルグアイが戴冠するという結果に終わったコパアメリカ。
決勝しか見た試合がないので比較のしようがないが、ウルグアイは素晴らしかった。

まず、その守備の意識の高さと組織が素晴らしい。
ゴディンを負傷でスタメンからは欠くなかでの、ルガーノ・カセレスに長身のコアテスが最終ラインに控えるという豪華な陣容。
そして中盤も仕事を確実にこなす選手をそろえ、前線にはスアレス・フォルラン・カバーニから二人を起用という豪華さだ。

パラグアイも守備の組織の面ではウルグアイに負けず劣らずだったし、だからこそのすべて0−0での勝ち上がりという偉業だったと思うが、スアレス・フォルランというおそらく世界のナショナルチーム屈指の2トップにやられた。

パラグアイとしては、ウルグアイの組織を伴ったかたい守備にバルデスが仕事をさせてもらえず、またゴールゲッターのバリオスがベンチだったことも響いた、そんな敗戦となったんじゃないかと思う。バリオスにとっては、ベンチスタートで途中出場も負傷で途中交代という踏んだり蹴ったりの決勝となってしまったのが、この決勝の個人的な唯一の心残りだ。


得点シーンはこれぞスアレス、というような見事なものだった。
12分、中盤でのルーズボールを奪ったウルグアイは、スアレスへポ〜ンとボールを出すと、見事なトラップ&切り返し&ドリブルでボールをコントロールしたスアレスがシュート。
これはDFの足にあたったもののコースが変わり、GKフスト・ビジャルが反応できず、完封こそ戦法のようなパラグアイにとっては痛い痛い一点が入る。
スアレスはこのシーンに限らず本当に素晴らしい活躍。ボールを持ったら本当に面白いようにそのボールを操る。
今大会MVPにガーナ人を除いてはだれもケチをつける人はいないだろうという素晴らしさだった。


ウルグアイの2点目・3点目もそんなスアレスから。
42分、スアレスが裏へ走り出したフォルランにスルーパスを通し、不発だったフォルランの弾丸ショットが火を噴き、ものすごいゴールでウルグアイは2点目。
前半に大きな大きな2点を奪ったウルグアイ。優勝へ大きく前進!


後半は耐えながらも最後の90分、最後にもう一度、そっしてこの大会不発だった豪華3人の共演がようやく大きな花火をあげた。
左サイドでカバーニがボールを受けると、ファーにいたスアレスにピンポイントパス。
これをスアレスはおしゃれに頭で真ん中のフォルランにポンと戻すと、後はフォルランの独壇場。
GKとの1対1を冷静に決めて3ー0.
優勝をここで決めた!!

ウルグアイおめでとう!
スアレスおめでとう!!

特にスアレスには新シーズンの期待を大きくさせられずにはいられない。
まずしっかり休んで、新シーズンも大いに暴れてほしい!!

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

ウルグアイ国旗 ワールドカップ オリンピック



カーフ時計バンド LIVERPOOL (リバプール) U 0751 376

posted by S.ジェラード at 19:00| Comment(0) | ナショナルチーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。