2011年08月28日

中盤のキーマン不在‥アストンビラ(0)vs(0)ウォルバーハンプトン‥第3節

3ヴィラウルブス.jpg
photo by bbc

この夏、アシェリーヤングをマンチェスターの赤いところに、ダウニングをマージサイドの赤いところに売ったアストンビラ。
さらには昨年の夏にミルナーをマンチェスターの青いところに売っており、中盤のキーマンを二年間でここまで抜かれたらさぞきつかろう‥‥という中での今シーズンだったが、蓋を開けてみれば好調なスタートを切ることができて、安心していた。
で、満を持してテレビ観戦‥‥だったんだけど‥‥

外れを引いただけでなく、やっぱり厳しいな〜ということを改めて思い知らされる試合となってしまった。

攻撃の形としては、最前線のダレンベントとアグボンラホールがかなり頑張って攻撃を作るという形で‥‥
確かにそれはそれではまれば迫力があるんだろうけど‥‥

こんなことを考えても仕方がないんだけど、去年まではもう一歩低い位置で攻撃を作っていけたよな〜と思ってしまった試合だった。

もちろんベントやアグボンラホールの迫力は維持しつつ‥‥
中盤のバナンやオルブライトンの活躍に期待したい。
彼らはまだまだチームではそうした地位を築けていない。
まず試合の中でいいアピールをして、そういうキーマンになれる存在に成長していってほしい。
今シーズンのヴィラの一番の楽しみはそういう中盤の成長なのかもしれない。

守備に関しては相手がウルブスだったということもあったんだろうけど、全く危なげなかった。
ギブンの活躍の場は1回くらいしかなかった。
マクリーシュはそうした面ではいいチームを作ってきているんじゃないかなと感じるゲームだった。
たしか去年はやられたはずだし。。。

去年と言えば、去年はエロコビとオルブライトンの対決がこのカードは面白かった。
が、今回は両者ともベンチからの途中出場。
両者とも長い時間見たい、素晴らしいタレントだと思うので、いいアピールをここから続けていってほしい。

エンゾグビアがもっと安定したパフォーマンスをみせてくれれば勝てた試合だったのかもしれないけど‥‥
エンゾグビア抜きでも行ける、そんなチームに今後は成長をみせていってほしい。

きたれ、ヤングが後継者!!

そういえば、ヤング繋がりでルーク・ヤングがQPRへ行ったみたい。
彼の未来も明るいものでありますように!

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
posted by S.ジェラード at 15:36| Comment(0) | 11/12プレミアリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

さよならナスリ、最後の輝き‥アーセナル(0)vs(2)リバプール‥第2節

ランズベリ、フリンポン、ジェンキンソン、ミケル、、、
どこのチームの選手だかご存知ですか?
アーセナルがリバプール戦のピッチに送り込んだ選手たちの名前です。。。

よくいえば、CLファイナルまで行ったシーズンを思い出すような若いスカッドで、CL枠を争うことになるであろうリバプール戦に臨んだアーセナル。
2アーセナルリバプール.jpg
photo by bbc

得点は
メイレレスからスアレスへのパスをミケルがクリアも‥‥ラムジーに当たってリバプールが後半に先制。

そして終了間際にルーカスからエリア内右目のメイレレスに出して、メイレレスは丁寧な横パスをスアレスに通して試合を決めた。
スアレスのこのあたりの嗅覚と確実性は素晴らしい。

アーセナルとしてはまずコシェルニーが故障で18歳のミケルの起用となったことが痛い。
ミケルの働きは、初出場であり素晴らしかったが、これで一枚交代枠を使ってしまったことと、コシェルニーの負傷で長期離脱になりそうなことが痛い。
ジュルーもスキラッチも負傷でいないだけに‥‥ミケルのさらなる奮起が待たれる。
すでに右サイドバックはジェンキンソンがファーストチョイス(サニャを左へ回している)になっている中で酷な話なんだけど‥‥
そのジェンキンソンは素晴らしかったからこれはひと安心。

一方のフリンポン、退場がなければシュートにマークにと頑張っていたんだけど‥‥
退場で台無しに。
派手で目立つ髪型同様、いい意味で輝く日もそう遠くはないのかもしれない。
退場癖さえなくせば‥‥
これまた素晴らしいポテンシャルを発揮していたので今後の成長が楽しみだ。

でフリンポンが退場して、リバプールのワンサイドゲームになってしまった。
スアレスを入れてこういう試合になったのか‥フリンポンのせいなのか‥‥

リバプールのホセエンリケはサイドバックとしていい働きをしており、チャーリーアダムもヘンダーソンもまずまずの働きをしていたと思う。
ある程度夏の補強の成果が出てくるんじゃないかなという印象。
ダウニングにはもうちょっと正確性のあるプレーを期待したい。
そんなアーセナル戦だった。

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
posted by S.ジェラード at 20:00| Comment(0) | 11/12プレミアリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月17日

勝つには勝ったが深まる不安‥アーセナル(1)vs(0)ウディネーゼ‥CL予備予選1stレグ

ウォルコットvsウディネーぜ.jpg
photo by bbc

試合開始直後、右サイドのサニャから裏へのボールが出て、それを受けたラムジーがクロスを中に入れて、ウォルコットがシュートを撃ってネットを揺らしたアーセナル。
ところがそこからは、サニャの突破と、未完成のなんというかベンゲルらしい選手だな〜というジェルビーニョの突破くらいしかみせられず、反対に高い位置でソングがボールを失ったりしてウディネーゼの攻撃にさらされ続けた試合をしたアーセナル。

特にセスクが移籍をし、ウィルシャーがおらずの中盤は深刻。
ラムジーもそこまでいいわけじゃあなかったが‥‥ロシツキーも微妙な出来。。。
このままではいよいよ厳しいか‥‥
ファンペルシーがサスペンションだったとはいえ、ここまで攻撃に迫力がないとなると‥‥
今シーズンは相当苦戦してしまうだろう。

もう一つは守備陣。
フェルマーレンはいるだけで安心だし、シュチェスニーは本当によくやっていた。。。
が‥‥
特に左サイド。
ギブスがダメで前半で下げたのはいいが、入れたのがジュルーでフェルマーレンを左サイドバックに回すなんて‥‥
そしてジュルーが早々に負傷するとジェンキンソンを左サイドバックで起用‥‥‥
え〜〜。。。
ちょっとでも上位を目指す気持ちがあるのならここは間違いなく補強してください。。。

シャマクもチャンスをつかめず‥‥もったいない試合に‥‥
それでもホームで1−0といういい結果を手にできたのは立派。
安心して‥修正すべきところは修正してほしい。

ウディネーゼは‥‥
サンチェス・インレルが抜けて、ますますディナターレ中心のチームに。
この日はシュチェスニーの頑張りもあって爆発はならなかったが、相変わらずの得点感覚と怖さを持っていた。
セカンドレグでも脅威になり続けるんじゃないかな。

なんとか突破を。そして補強を!!
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村



posted by S.ジェラード at 06:26| Comment(0) | 11/12CL・EL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。