2012年03月09日

速いファンペルシーと遅いダルグリッシュ‥リバプール(1)vs(2)アーセナル‥第27節

ロビン.jpg
photo by bbc

試合はリバプールのものだった。
23分にヘンダーソンのクロスをコシェルニーが見事にニアからコースを変えてシュチェスニーが反応できない見事なシュートでゴールに転がさなくとも(要はオウンゴールがなくても)、リバプールが完璧に押していたし、ポゼッションだってチャンスだってリバプールのほうが多かった。
じゃあなんでアーセナルが勝てたのかといったら、この試合に関してはファンペルシーただ一人に尽きた。
31分、サニャが右でフリーで上げたクロスにきれいに反応し、衰えを隠せないキャラガーの前に出ると頭で合わせて同点ゴールを。
そして後半アディショナルタイム、ジェルビーニョの縦パスに抜け出してボレーでレイナのニアを抜いて逆転勝ちにもっていった。
今シーズンのファンペルシーはこれまでとまったく違う、すばらしいストライカーになったことを改めて証明して見せたそんな試合になった。

この試合もう一人アーセナルでスポットライトを当てておかねばならないのはシュチェスニーだ。
スアレスのダイブかもという微妙な判定でPKを献上してしまったシュチェスニーだが、そのPKを自ら消して見せたのは本当にすごかった。
カイトの左へのキックをセーブすると、そのこぼれだまを押し込もうとしたカイトの二本目もストップしてみせた。
こんなビッグプレーの後にやらかした何度目かのコシェルニーに対しても、その直後コシェルニーに声をかけている。
コシェルニーはその後いつもどおりプレーすることができた。

足元がひどいのは相変わらずだけど、それを補って余りある選手に成長している。




一方勝てたであろう試合を落としたリバプール。
う〜ん‥‥
確かにPKストップにあったり、ファンペルシーがすごかったり、ポストを何度もたたいたりと‥あったけど‥‥
そしてアルテタが倒れてたから長いアディショナルだったのも間違いないけど‥‥
終了間際にベラミー、失点後のアディショナルタイムにキャロルをというのは勝つためにはどう考えても遅い。。。
勝たないといけない試合だったはずだし‥
そういうできることをしっかりやった上でそれでも及ばなかったんなら仕方ないけど‥せっかくああいう勝ちゲームの試合運びをしていながら、交代で勝利への執念を見せられなかったのは本当に残念だし、もったいないなと思う。
今シーズン、リバプールはCL圏内で終わらなくてもいいのだろうか。

カーリングカップ制覇とEL出場権で満足なの?

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
posted by S.ジェラード at 20:00| Comment(0) | 11/12プレミアリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

ダービーの力、大逆転‥アーセナル(5)vs(2)スパーズ‥第26節

ろしつき.jpg
photo by bbc

劣勢が伝えられていたアーセナル。
一週間でカップ戦をふたつ落とし、リーグでも調子を落としておりこのままだとCL出場の権利も危うい、そんな状況にいるアーセナルに対し、メンバーも充実しており、もしかしたら初めてノースロンドンダービーを二つ取ってシーズンを3位以上で終えるのではないかともみられていたスパーズ。

そしてその勢いは試合開始後すぐに現れてきた。

アーセナルのスタメンはスチェスニー・サニャ・フェルマーレン・コシェルニー・ギブス・ロシツキー・アルテタ・ソング・ベナユン・ウォルコット・ファンペルシー
スパーズは、フリーデル・カブール・キング・ウォーカー・アスエコト・ベイル・パーカー・モドリッチ・クラニチャル・アデバヨール・サハだった。

開始直後の4分、左に開いたアデバヨールにボールがわたると、中でなぜかサハがフリーに。
そのサハへボールを折り返され、見るも無残な失点でアーセナルは先生を許しす。
ヴェルマーレンもコシャルニーも‥‥こういうところでの集中力がタイトルに届かないアーセナルの弱さだと思うんだけど‥‥

さらに34分、モドリッチのパスからベイルがエリア内で倒れPKを献上。
これをアデバヨールが決めて2−0となってしまう。
アーセナル、ホームでライバルに大炎上の巻きの始まりかとも思ったけど‥‥

ここからのアーセナルは本当にすごかった。
これがホームの力、ダービーの力なのだろうか。
前半のうちに追いついたことが一番大きかった。
まず40分にクロスのあげなおしを中でサニャが決めると、43分にはアスエコトからボールを奪ったファンペルシーがものすごい弾道のゴールを決めて追いついた。

こうなるとアーセナルのペースで、そして後半試合を決めたのがロシツキーとウォルコットというここまでなかなか結果が出せていない選手たちだったからうれしい。

51分にはロシツキーの見事なパスワークで堅牢なスパーズDFを崩して逆転に成功すると65分、68分と立て続けにウォルコットがゴールを決めて5−2とした。
最後はスコット・パーカーをイエローカード二枚で退場させ試合終了。
最初には想像もしない試合でホイッスルとなった。
アーセナルはこの勢いを今後につなげられればプレミアはもっと面白くなる。

これをどう今後に生かすのかに注目。
そんな今夜はリバプール戦。
どんな試合をするのか注目です。

応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
posted by S.ジェラード at 14:48| Comment(0) | 11/12プレミアリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月01日

シメオネ初黒星‥アトレチコ(1)vs(2)バルセロナ‥第25節リーガ

シメオネ就任後ポゼッションは下がったものの無敗を続けるアトレチコマドリード。
ビセンテカルデロンにバルセロナを迎えた一戦のメンバーは
クルトワ/ゴディン.フィリペ.ファンフラン.ミランダ/チアゴ.アドリアン.アルダ.ガビ.コケ/ファルカオのメンバーで迎え撃つ。
一方バルサにとっては苦手のビセンテカルデロンの試合を
バルデス/ダニーアウヴェス.プジョル.マスチェラーノ.アビダル/シャビ.ブスケツ.イニエスタ/セスク.アレクシスサンチェス.メッシ
のメンバーで挑んだ。

アトレチコはポゼッションを捨てて、下がりながらもアドリアンロペスやファルカオらの前の選手もしっかりとスライドしながらプレスをかけて集中して守ることに成功していく。
カードは本当に本当にたくさんもらったけど‥(ゴディン.ファンフラン.アルダ.チアゴ.コケ.ミランダ.ファルカオと七枚もらった‥バルサもメッシ.セスク.ダニーアウヴェス.サンチェス.ブスケツと五枚もらってたけど‥)‥集中してクリーンに守れていた。
(バルサの特にセスクとアウヴェスのファールは‥あかんよなというファールだったし、、、ブスケツは踏みつけてもノーファールだし‥まあバルサだから仕方ないのか‥)

集中して守っていても個人語が発動すると厳しい。
先制点はそのメッシの個人技からだった。
36分、メッシの真中からのドリブルでアトレチコDFを集中させると左に開いたセスクがフリーに。
そのセスクにメッシがボールを出すと、セスクはファーへグラウンダーのクロスを。
走り込んだダニーアウヴェスがネットを揺らしバルサが先制。

しかし後半開始直後、CKからアトレチコは同点に。
CKをかぶったのかなんなのかブスケツがなにを血迷ったのか頭でフリック。
ファーでフリーになったファルカオがゴールを決めて同点に。

何度か抜けだそうとするアトレチコはオフサイド判定もあったりで追加点が奪えない。
そうこうしているうちに‥‥メッシのスーパーゴールでバルサが勝ち越した。
81分、左からのFK。
シャビが蹴るだろうなと思っていた中でのメッシが“意表を突いた”ショット。
これがファーの上隅サイドネットに決まって2対1に。
主審が止めて、クルトワが壁を作っている中勝手に蹴って、でのゴールだから弾道は美しくても微妙なのは残るけどね。。。

最後はブスケツのエリア内でのハンドも見逃して‥‥
ブスケツは踏みつけにファルカオへのアシストにハンドに‥結構散々のゲームだったのかな。

ガビのスーパーボレーとか決まらず、アトレチコは一歩及ばなかった。
シメオネ初黒星。
ただ‥選手たちが下を向くような試合ではなかったし、自信を深めていけば、もっと試合を重ねていけば素晴らしいチームにアトレチコはなるのではないかなと感じた。

にほんブログ村 サッカーブログ リーガ・エスパニョーラへ
にほんブログ村
posted by S.ジェラード at 22:00| Comment(0) | 11/12その他リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。