2010年11月24日

マラドーナの力‥フラム(1)vs(4)マンC‥第14節プレミア

観戦に訪れたマラドーナ。
アルゼンチーナには特別の試合になってしまうのだろうか。

シティーのアルゼンチーナ、サバレタとテベスにとって、いつも以上に力の入る試合となったのは間違いないだろう。

前半のシティーはアルゼンチーナだけでなくすべての選手が素晴らしかった。
ヒューズ(昨季途中までシティーの指揮をとり、今季フラムの指揮を取っている敵将)はシティーは今季ベストでそれに当たってしまったのは不運だったと言わしめる素晴らしい内容。


縦パスにうまく体を入れ替えて抜けだしてテベスが先制。

シルバのクロスをダフが跳ね返すも‥
その先にサバレタがいて見事なミドルシュートを決め2点目。

左サイドのシルバ→ジョで真中のテベスへ、そしてテベスがしっかり矯めて右でフリーになったヤヤトゥレが左サイドネットにあたるシュートを決め3点差‥

力の差をまざまざとヒューズにみせつける展開‥
フラムはかなり厳しい試合をしていたな‥という印象。


後半、縦に完璧に抜けだしたテベスがシュウォーツァーとの1対1で正面に蹴ってシュウォーツァーにセーブされる。
テベスは点を仰いでいたが今日はマラドーナがいる。
きっちり切り替えてそのあとのコーナーに切り替える。
そしてコーナー一度跳ね返されたボールをサバレタがミドルシュート。
低くコントロールされた素晴らしいシュートだが、これは名手シュウォーツァーの正面に飛んでいた。
しかしそのシュウォーツァーの目の前に立っていたのがテベス。
ゴールとは後ろ向きに立っていたんだけど、かかとをちょこんと上げてシュウォーツァーの頭上をボールが目の前でコースが変わって越えていくことに。
これじゃあどんな名手だって止めるのは不可能・・・
テベスはこれでこの試合2得点。
サバレタも1ゴール1アシストとなった。
マラドーナ効果恐るべし。

ただフラムも一応は一矢を報いたからよかったか。
コーナーから跳ね返ってきたボールをこの試合頑張っていたゲラがシュート。
これがデンプシーだかシティーDFかに当たってゴールと、つい先ほど逆サイドでみたようなゴールで1点を返す。

シティーのまずいところというか‥
強いんだけど、後半はフラムに試合を作らせてるんだよね。
この試合なんて本当に素晴らしい前半を過ごしたのに、後半は5分の試合をしてしまう‥
もったいないな〜と思う。
リードしてるから構わないんだろうけど、フラムだって前半にあんなひどいできじゃなければ十分互角にやりあえたよな〜という試合をさせてしまっちゃうところが、なんか今一つ足らないところなのかなと感じた。

それにしてもマラドーナ。
これはアルゼンチン人選手を抱えるチームはこぞってマラドーナに観戦チケットを渡すだろうな〜というような効果。
どのチームもマラドーナ招致を目指していて、シティーはその資金力で招致に成功したって面もあるのかな^^;

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
ラベル:フラム マンC
posted by S.ジェラード at 12:20| Comment(2) | 10/11プレミアリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
見やすくてわかりやすいブログですね。
参考になります。

また来ますね!
Posted by ポップ at 2010年11月26日 07:57
コメントありがとうございます。
ポップさん
まだまだ工事中です。
これからいろいろ改良していきたいと思います
Posted by S.ジェラード at 2010年11月26日 23:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。