2011年08月12日

プレミアリーグ開幕直前!シーズン展望と当たらない大胆予想!!

ロンドンの情勢があやしく、本当に無事に開幕できるかあやしい雲行きではあるプレミアリーグの開幕。

それでもおそらくロンドン以外は無事に開催されるであろうということで‥‥
当たらない大予想をプレミアでもやってみることにした。

きっと当てることよりも考えることが大事だろうしと逃げを打ってから。。。

プレミアで今シーズンCLを戦う予定であるのは以下の4チーム。
マンU・チェルシー・マンC・アーセナル
プレミアで今シーズンELを戦うのが以下の3チーム。
トッテナム(リーグ5位)・ストーク(FA杯準優勝:優勝のマンCがCL出場のため)・フラム(フェアプレーポイント2位:1位のチェルシーがCL出場のため)

そして昇格してきたのが以下の3チーム
QPR・ノーウィッチ・スウォンジー

ということで‥‥‥
順位を大胆予想してみることにする。


ブラックバーン ニューカッスル ノーウィッチ QPR スウォンジー ウィガン ウォルバーハンプトン

1位 マンU 昨シーズン1位
悲しいことに今シーズンはマンUをここに予想しなければならないだろう。。。
間違いなく一番安定し、一番確実な補強をし、一番マイナスの小さいチームがマンUだ。
前線にアシェリー・ヤングを、最終ラインにフィル・ジョーンズを加え、守護神ファンデルサールの穴は若きスペインの守護神デヘアで補った。
オシェイとブラウンをサンダーランドに、期待されたべべをローンでベジクタシュへと試合に出られない選手たちの放出もうまくいった。
心配なのはファンデルサール・スコールズの二人の穴を埋められないことくらいか。
あとはギグスがいつ戻ってくるのか‥あたりもかなぁ‥‥
特に中盤の真ん中に関しては、ずっと補強ポイントでオフにもルカ・モドリッチ獲得に動いたりもしたが、今のところここに補強がないことか。
スコールズの部分については完全にマイナスだからこれは心配だけど‥‥
あとはいいチームに仕上がるんじゃないかなと感じる。
特にナニとヤングが出るであろうウィングはわくわくさせられること間違いなしだと思う。
最終ラインもスモーリングが成長しており、さらにフィルジョーンズを獲得したことで、リオやヴィディッチになにかあっても大丈夫となった。
ここを上回るのは容易ではないだろう。

2位 リバプール 昨シーズン6位
CL・ELといったヨーロッパの舞台に残念ながら立つことができなかったリバプール。
直接の原因は最後のスパーズ戦を落としたことにあるが、根本的にはホジソン期がひどすぎたことが要員。
おそらく選手もそう感じてか、今回はどんな選手も移籍することなく残留してくれた。
夏にマスチェラーノ・冬にトレースが出てるわけでこれ以上放出するわけにはいかなかっただけに、これはうれしいこと。
ヨバノビッチをアンデルレヒトに、コンチェスキーをレスターに放出し、ジョーコールの移籍先は捜索中ではあるが‥これもおそらく決まるであろう。
放出をうまくやって、獲得できたのはダウニングとヘンダーソンとチャーリー・アダムにドニ。
超大物はいないものの、みんなかなり力のある選手たちだし、ドニを除いて試合でも見る機会は多いんじゃないかと感じる顔ぶれをそろえた。
ユースからもかなり有望な選手たちが上がってきているし、スアレスの負傷も、スアレス頼みからの脱却といういい効果が得られるんじゃないだろうか。
キャロル・スアレス・ジェラードが中心の攻撃陣になってくるとは思うが、そこにカイトやルーカスあたり、そしてダウニングやアダムやヘンダーソンがどう絡んでいけるかでかなり変わってくるはず。
守備陣はまずレイナ残留が一番大きい。
ダルグリッシュがどういう形を組んでくるかはわからないが、最終ラインの整備がうまくいけば2位というかなり上位でのフィニッシュも可能なんじゃないかと思う。

3位 アーセナル 昨シーズン4位
いまだにセスクの件もナスリの件も解決してはいない。
しかし‥なんとなく残留になるんじゃないかなと思う。
ナスリの場合は契約延長しなければなんの意味のない残留になっちゃうんだけど‥‥
とりあえず今シーズンのその部分での戦力ダウンは免れるのかなという感じだ。
おもな補強はジェルビーニョとチェンバレン、そして宮市亮だ。
まあ‥今シーズンもまたベンゲルらしさ全開の補強となった。
一方放出は‥‥
クリシーをシティーに奪われ、デニルソンはサンパウロへローンで行くこととなった。
特に左サイドバックは深刻。
クリシーが最高の選手だった‥というわけでは決してないが、彼のかわりが取れないというのは悲劇だ。
理想はベインズだったが‥‥難しそうだね。。。
ここの部分と最終ラインの整備が急務だったはずだが‥‥
動かないね〜〜〜〜〜。
今シーズンも厳しい時期が必ず生まれるだろう。
とはいえ‥‥昨シーズンほどの沈み込みはもうしないだろうから、ひとつ順位を上げられるんんじゃないかと思う。

4位 チェルシー 昨シーズン2位
監督を交代してでの新シーズン。新監督はビラス・ボアス。
モウリーニョの再来を楽しみにしつつ‥
一年目はやはりうまくいかないんじゃないだろうか。
まずチェルシーが抱える問題としてトーレスかドログバかという問題がある。
2トップで行ければ問題ないが‥いけなかったときが最悪。
どちらもベンチに座ることを潔しとはしないだろうし‥ここが一番の懸案事項。
そしてもう一つはチェルシーを取り巻く環境がいつまで我慢できるかということ。
ビラス・ボアスが昨シーズンポルトでやっていたようなサッカーを8月9月から出来なかったら、あるいはシーズン中に一時的とはいえできない時期が出てきたら‥‥
周りが足を引っ張りだすんじゃないだろうか。
そのリスクを回避するための補強も今のところおとなしい。
サンパウロからルーカス、バルセロナからロメウ、そしてアンデルレヒトからルカクをとったがこれは即戦力なのかどうか怪しいところ。
主力はジルコフを除いて残してあるが‥‥ちょっと今のところ不安が大きいかなと感じる。

5位 トッテナム・ホットスパー 昨シーズン5位
昨シーズンはプレミアよりCLを優先したようなところがあって、序盤に勝ち点を積めなかったスパーズ。
今シーズンはそのようなことはないだろうから、比較的うまく進むんじゃないだろうか。
今のところルカ・モドリッチもベイルも健在だし、大きなマイナスは見当たらない。
ただ懸案であるゴールゲッターの獲得が進んでいないのが気になるところ。
一説によればアデバヨールを獲得するためにレノンを差し出すなんて噂もあるが‥‥
そんなことを望んでるのは‥‥外からノースロンドンダービーを見たい人だけだろう。
FWがうまく補強できないとなると‥‥
やはり取りこぼしが増えるだろうな〜と思う。
補強は今のところフリーデルくらい。放出もオハラをウルブスに、クマロをローンでレディングにくらい。
遅遅として放出が進まず、獲得も進まない状況は去年とあんまり変わらないか‥‥

6位 マンC 昨シーズン3位
戦力だけ見ればこんな位置に終わるようなチームではない。
が、、、CLとの兼ね合い‥(昨シーズンELで苦戦)‥やテベス・バロテッリ問題などなにかと前途多難な感じを受けるシティーをこの位置に。
ギブンをヴィラに、ジェローム・ボアテングをバイエルンに、ジョをインテルナシオナルに放出し、アグエロとクリシーをとった形になる。
これまでに比べたらおとなしいかなとは思うが戦力的には申し分ない。
ただCL出場に伴っての戦い方がうまくいかない時期が必ず来るわけで‥‥
そこを乗り切れるチームになってるとはちょっと思えないかなというのが今の感想。

7位 アストンビラ 昨シーズン9位
監督に不安を抱えるものの^^;
そして戦力もダウニングとヤングとフリーデルが抜けたものの。。。
ギブンとNゾグビアを獲得してでの新シーズン。
若手がうまく試合に絡んで、そしてベントが点を取って、ギブンが後ろから気合いを入れていけば、わからないかなと思ってこの順位に。
がんばれオルブライトン!
マクリーシュがシーズン終了後どんな評価になっているか楽しみ。

8位 フラム 昨シーズン8位
ヨルを指揮官に迎え案外いい形で終わるんじゃないかなと思っている。
昨シーズンはザモラがいなかったりとかなり苦しかったが、今シーズンはちょっと期待してもいいんじゃないかと思う。
おもな補強はリーセ。イプスウィッチにストックデイルを出してしまったのは残念だけど‥‥
堅い守備と堅実な試合運びである程度やれるんじゃないかと思っている。

9位 ボルトン 昨シーズン14位
昨シーズン頭は素晴らしかった。ケヴィン・デーヴィスにエルマンデル、李青龍が絶好調で好スタートを切った。
が、冬からはみんなコンディションを崩して沈んでいった。そこらへんの調整が一番の課題。それができれば上がってくるはず。
エルマンデルをベジクタシュにとられたのは痛いが、李青龍とデーヴィスがうまくやれれば。

10位 サンダーランド 昨シーズン10位
昨シーズン、かなりセンセーショナルな活躍を見せたサンダーランド。
今シーズンもそれを見せることができるか。
イプスウィッチからウィッカムを、ガードナーとセバスチャンラーションをバーミンガムから、そしてウェズブラウンとオシェイをマンUから獲得し、ヘンダーソンとマルブランクの穴を埋める。

11位 WBA 昨シーズン11位
ゲラとベンフォスターを獲得したオフとなったWBA。
ビジャレアルへ行ったボルハ・バレーロと、ブルサスポルへ行ったカーソンの分はなんとかなるかな‥‥というかんじか。
ホジソン就任で守備はまた堅くなってるだろうし、そこそこ期待の持てるチームになっているはず。

12位 エバートン 昨シーズン7位
エバートンファンの方、ごめんなさい。エバートンは全くの不明です。ジャギエルカやベインズが抜けるかもしれないし、もしかしたらバートンが来るかもしれない。
不透明ですが‥‥
秋は弱いのは間違いないだろうし、、、ということでかなり低めです。

13位 ストーク 昨シーズン13位
ELは楽しみ。ただ‥‥プレミアでどこまでやれるかは疑問かな〜と。
ウッドゲート加入など面白いニュースもあり、楽しみなチームですが‥‥

ここから先の3チームが降格すると思っている。
どこになるかは紙一重の部分も大きいんじゃないかな。
うまく勝ち点を拾っていったチームが最後に笑うはず。

14位 QPR 昨シーズンCS1位
資金力は間違いない。DJキャンベルにダイヤーにボスロイドと結構元気に市場を動いた。なんとなく残るんじゃないかな〜と。

15位 ブラックバーン 昨シーズン15位
フィルジョーンズをマンUに予定より一年早く奪われたのがどう出るか‥(リバプールが動いたためマンUが一年早く獲得)
これ以上微妙なチームになるようだと‥‥そろそろきついか。。。

16位 ウィガン 昨シーズン16位
昨シーズンぎりぎりで残留。
レンタルのアルハブシをしっかり獲得できたのは吉報だが、Nゾグビアの穴は埋まるのか疑問。
チームとしてプラスがないと厳しいかな。。。

17位 ノーウィッチ 昨シーズンCS2位
不明。試合を見ます。

18位 ニューカッスル 昨シーズン12位
ええ‥‥そろそろだめなんじゃないかと。。。
バートンをフリーで出し、ノーランをハマーズに出し。。。
キャロル資金からかデンババにオベルタンを取ったものの‥‥

19位 ウォルバーハンプトン 昨シーズン17位
オハラ獲得は吉報だが‥‥またぎりぎりでの残留ができれば。

20位 スウォンジー 昨シーズンCS3位
不明。試合を見ます。


こんな感じに予想。
楽しいシーズンになりますように。
楽しい試合がたくさん見られますように。

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

マンチェスター・ユナイテッド 1001グレイテストゴールズ Vol.2



DERIVATIVE/RED Tシャツ【MANCHESTER UNITED/マンチェスターユナイテッド】





http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/football/14118794.stm
posted by S.ジェラード at 00:00| Comment(0) | 英字記事の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。