2012年03月09日

速いファンペルシーと遅いダルグリッシュ‥リバプール(1)vs(2)アーセナル‥第27節

ロビン.jpg
photo by bbc

試合はリバプールのものだった。
23分にヘンダーソンのクロスをコシェルニーが見事にニアからコースを変えてシュチェスニーが反応できない見事なシュートでゴールに転がさなくとも(要はオウンゴールがなくても)、リバプールが完璧に押していたし、ポゼッションだってチャンスだってリバプールのほうが多かった。
じゃあなんでアーセナルが勝てたのかといったら、この試合に関してはファンペルシーただ一人に尽きた。
31分、サニャが右でフリーで上げたクロスにきれいに反応し、衰えを隠せないキャラガーの前に出ると頭で合わせて同点ゴールを。
そして後半アディショナルタイム、ジェルビーニョの縦パスに抜け出してボレーでレイナのニアを抜いて逆転勝ちにもっていった。
今シーズンのファンペルシーはこれまでとまったく違う、すばらしいストライカーになったことを改めて証明して見せたそんな試合になった。

この試合もう一人アーセナルでスポットライトを当てておかねばならないのはシュチェスニーだ。
スアレスのダイブかもという微妙な判定でPKを献上してしまったシュチェスニーだが、そのPKを自ら消して見せたのは本当にすごかった。
カイトの左へのキックをセーブすると、そのこぼれだまを押し込もうとしたカイトの二本目もストップしてみせた。
こんなビッグプレーの後にやらかした何度目かのコシェルニーに対しても、その直後コシェルニーに声をかけている。
コシェルニーはその後いつもどおりプレーすることができた。

足元がひどいのは相変わらずだけど、それを補って余りある選手に成長している。




一方勝てたであろう試合を落としたリバプール。
う〜ん‥‥
確かにPKストップにあったり、ファンペルシーがすごかったり、ポストを何度もたたいたりと‥あったけど‥‥
そしてアルテタが倒れてたから長いアディショナルだったのも間違いないけど‥‥
終了間際にベラミー、失点後のアディショナルタイムにキャロルをというのは勝つためにはどう考えても遅い。。。
勝たないといけない試合だったはずだし‥
そういうできることをしっかりやった上でそれでも及ばなかったんなら仕方ないけど‥せっかくああいう勝ちゲームの試合運びをしていながら、交代で勝利への執念を見せられなかったのは本当に残念だし、もったいないなと思う。
今シーズン、リバプールはCL圏内で終わらなくてもいいのだろうか。

カーリングカップ制覇とEL出場権で満足なの?

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
posted by S.ジェラード at 20:00| Comment(0) | 11/12プレミアリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。