2012年06月12日

フランスのアイディアの欠如とホジソンイングランド…D組初戦

euro2012ingfra.jpg
戦前の予想通りフランスが圧倒的に押し込んだ試合だった。
特に前線のリベリ・ナスリ・ベンゼマの圧力は甚大で、イングランドは4411のうち、前にウェルベックとヤングを残してのブロックを作って引く展開を長い時間で見せていた。

イングランドはなかなか中盤のジェラード・スコットパーカーが試合を作ることができなかったが、要は彼らもかなり低い位置でプレーしていたわけで…相当苦しい試合をしていたと思う。ワンチャンスにかけようにも、一番前のウェルベックも窮屈でなかなかそこに預けて展開という形はとれない。
それでもヤングのスルーパスをミルナーに通して、フランスGKロリスと1対1の場面をつくり、ミルナーはロリスをかわしたものの無人のゴールに流し込むことができないという大チャンスもつくっていた。
少しイングランドの流れになったかなというところでのジェラードのFK.距離もあったけどライン際からという角度が幸いしたか、かなり長く大きなボールをファー目に蹴ると、ここにいたのがフランスの扇の要の巨人アルーディアッラとレスコット。
アルーディアッラのまずい対応で全くレスコットに競られず、レスコットが体ごと頭でボールをぶち込んだ。
先制したイングランドの流れを変えたのは、痛恨のミスを犯したディアッラ。CKを強烈なヘディングで合わせるも、ジョーハートのビッグプレーにあい、リベンジゴールはならず。
このあとイングランドからフランスに流れは戻るも、ディアッラは消えていく…長身は魅力だけど…あんまり効果的な起用には見えなかったな。

フランスが押し込みながらも勝てなかったのは、ディアッラだけでなく、マルダやキャバイエ、エブラにドゥビュシあたりの問題だ。
確かにリベリ・ベンゼマ・ナスリは強烈だ。
だけど彼らが下がってきて試合を作っても、イングランドはそこまで怖くないんだよ。
最終ラインに圧力をかける人が一人もいなくなっちゃった。結果ゴール遥か遠くからのミドルショット祭りに。
本当はキャバイエ・マルダ・ディアッラが組み立てて縦へボールを出すことで、ベンゼマやナスリやリベリーは、もっとゴールの近くでプレーしないといけなかったはずだし、彼らはそういう動きをしないといけなかった。ところがナスリ・リベリー・ベンゼマは、自らの能力を過信し、自分たちだけでゴールを狙っていた。そして後ろのディアッラは漂い、マルダはバランスを取ることに終始し、光るものを見せたキャバイエも組み立てるというよりは、ナスリらと同じミドルショッターになっていた。キャバイエは唯一縦へのパスもチャレンジしてたしすごく積極的だったから好感はもてるけど…途中からそれをしなくなったよね。
もう一つは、あれだけ押し込んだにも関わらず、仕掛けのタイミングでほとんどサイドバックを使わなかったこと。
フランスの唯一の得点機は左サイドからエブラを絡めてリベリー、ナスリのミドルショットという形であったにも関わらず、その形でSBを使うことをしなかった。

そして交代でもベンアルファというドリブラーとすっかり消えていたマルタンを入れて、結局何も起こせなかったフランス。

イングランドがいい試合をしたとは思わないよ。でもフランスも、守るイングランドを崩す工夫が足りなかったんじゃないかな…

フランスには人数をかけて守ればOKということが明らかになった試合。これはウクライナやスウェーデンにもかなりの朗報になるはずだ。

もちろんホジソンは守備をやらせたらピカイチの監督だけど、スウェーデンやウクライナにそれができないわけじゃない。
そして何よりスウェーデンにはズラタンイブラヒモビッチが、ウクライナには英雄シェフチェンコが、とウェルベックをはるかに凌駕するストライカーがいるんだから、ワンチャンスをモノにする力はルーニーを欠くイングランドを凌ぐよね。

フランスは硬いと思っていたグループだけど、これはわからないな。
フランスが前の三人以外を使うことを見せていけなければ…
かなり突破は危うい。

イングランド(1)vs(1)フランス

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
posted by S.ジェラード at 08:56| Comment(0) | EURO2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。