2012年11月17日

アデバヨールの愚行…アーセナル(5)vs(2)トッテナム…第12節

試合の流れは間違いなくスパーズのものだった。
アーセナルは左SBにフェルマーレンを置く後ろは比較的守備的な布陣だったにも関わらず…

先制したのはスパーズ。
デフォーの抜け出しに最後はアデバヨールが詰めて先制。先制点は決めたよ。決めたけど…

さらにレノンの枠をかすめるショットなどノースロンドンダービーでアウェーのスパーズが躍動した試合だったが…

アデバヨールが低い位置でカソルラに愚かなタックルをして一発退場。あっという間に不利な状況にチームをもっていった。

そして前半、あれだけ押していたはずのスパーズは数的不利からガナーズに押し込まれ、メルテザッカーの頭•ポドルスキの左脚•ジルーの左脚で3-1に。

お客さんにいろいろ言われ、普通じゃないテンションでの試合になるのはわからなくもないが……
もう何回目のアーセナルとの対戦なんだか。
そろそろ大人にならないと。。。


アーセナルのカソルラは素晴らしいね。中へのドリブル•パスと一人でアーセナルの攻撃のリズムを作っている。
ハワード•ウェブにスルーパスをカットされようが、その直後にドリブルで持って行ってジルーへ合わせたマイナスのクロスとか圧巻すぎる。

ジルーもいろいろ言われるけど、中でのワンタッチストライカーとしての実力は素晴らしいと思うし、そういうボールをどんどん入れていければ面白い選手だと思うんだけどな〜


後半、スパーズは両サイドバックが下がり、デンプシーとドーソンを入れ3バックに。

ん〜ギャラスの方がドーソンより上なのかな……
ついでにロリスもフリーデルより上?
この辺はようわからん。

後半はお互い一点ずつを取り合い。
アーセナルはロングボールからウォルコット•ポドルスキとつないで、ファーへのグラウンダーのクロスをカソルラが合わせたもの。

スパーズはベイルのドリブルで最後はコシェルニーの股を抜いての素晴らしいゴール。
このあとしばらくスパーズの時間は来たものの、ものにはできず。

終盤チェンバレンを入れてチェンバレンの突破から外し続けたウォルコットへパス。でウォルコットが決めて5点目。
ウォルコットは一点目のアシスト、四点目の起点と外したとはいえ活躍してたし、ここから一皮むければ

スパーズはアデバヨールの退場が最後まで痛かった。
ダービー、古巣、普通以上に力が入るとはいえ……あれはダメ。

アーセナルは守備がちょっと心配になる失点の仕方ではあったけど…カソルラがこれだけのパフォーマンスを続けてくれればまだまだいけるでしょ。
ここからさらにフィットしていくはずだし。

応援よろしくお願いします

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村


posted by S.ジェラード at 23:46| Comment(0) | 12/13プレミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。