2013年01月16日

負けないスパーズとシュート以外はキレキレのQPR…QPR(0)vs(0)トッテナム…第22節

QPRも監督がハリー爺さんになって、けっこう自信をもってやれているだろう。
目下降格有力候補。
ただ試合内容としてはCL出場権を掴もうとしているスパーズを圧倒していた。
ホームのお客さんは前半でも後半でも指笛を鳴らして、ドローこそ良い結果のような空気を作ってたけど、もっと勝ちに行く空気を作っていっても良かったんじゃないかと思える試合をしていた。

スパーズのアタッカーは間違いなくいい。
前線のアデバヨール•ジャーメインデフォーの二人とベイル•レノンの両サイドはプレミア随一の力を持っている…が、ファンデルファールトやモドリッチのように中で作れる人がいればな〜とも思う試合だった。
サンドロ•デンベレの中盤は試合を作るには至らず、中で持てないからサイドでの分厚い攻撃も影をひそめた。
中で仕事をさせなかったのがハリーレドナップの方針だったんだろうな〜と。
タラブト•朴智星にもかなり低いポジションにおいて真ん中は前線の選手を使ってふさぎ、サイドの選手はサイドの脅威に集中できるようにしたやり方は最後まではまっていた。

結局アデバヨール•デフォーはプレス要員に成り下がり、ベイル•レノンはサイドでつかれるのを嫌がって中へ中へとポジションを移してスパーズは起点を失った。

網を広げて守ってボールを絡め取ったQPRの徹底事項はシュートで終わること、そして人数をかけないこと。

スタートが極端に低いところからのため、ドリブルができスピードのあるエムビア•タラブト•SWPの三人の個人技に限られた。
そして無謀なシュートを撃ちまくった。
数うちゃ当たる、を徹底して、後ろに人数を残しカウンターの恐怖を排除した。

で、数を打って当たりかけたのがショーンライトフィリップス。
左サイドから何度もゴールに襲いかかった。
スパーズのカイルウォーカーがショーンライトフィリップスのスピードに手を焼き、何度もかわされててすごくいい勉強になった試合だと思う。

ショーンライトフィリップスもウォーカー相手にあれだけ華麗にかわせたら、今後のレドナップにとっては大きな武器になるはず。
彼のシュートにはそれほど期待をしてないだろうから、中に人数を集められる攻撃ができるのなら、あの突破力はものすごく魅力的なものになる。

スパーズのチャンスも何度かあり、その最大のものはデフォーが斬り込んでのシュートだった。
これはジュリオセーザルが指先で弾いてポストに当て、詰めたアデバヨールの
シュートも体で止めた。
相変わらずDFラインだけでは無力だけど、DFラインに関しては補強もしてるみたいだし、もうちょっとよくなるはず。
ジュリオセーザルがこの調子で頑張って、後ろだけでもある程度頑張れるようになれば、残留の可能性も出てくる。


反対にスパーズは、サンドロが負傷してしまったが、怪我明けのパーカーが後ろにいる限りではこれまで同様心強い存在なのがわかったことは収穫。
そのうえでパーカーがコンディションを上げて、もうちょっと中盤で時間が作れるようになってくれば、まだまだ上位にチャレンジできる。


にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
posted by S.ジェラード at 19:04| Comment(0) | 12/13プレミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。