2012年12月11日

バロテッリの窮地とコインと…マンC(2)vs(3)マンU…第16節

マンチェスターダービー。
マージーサイドダービーでもコインが投げ込まれたのが比較的大きく取り上げられたが、今回はそれを上回る取り上げられ方をするだろう。
ダービーになるとたくさん投げる風習でもあるんだろうか。

問題になっているのは試合終了間際のリオファーディナンドへのものだけど、試合映像はそれ以前にもルーニーへ投げ込まれているのを映しているし…もうなんだかね。

マンチェスターシティー一人が悪者、問題ではないだけに残念というか根が深いというか。。。

コインを投げ込むのは危ないだけじゃなくて侮蔑の意味合いも強いだけに……
南米人のスアレスや黒人のリオだけでなく、ルーニーにも投げ込んでたから、相当根が深いんだなと感じた試合だった。

さらに物を投げるのと、選手に物を投げつけるのは違うわけで……
コインをリオ周辺に放るのと、コインをリオの頭に向かって投げつけるのとでは、意味合いが全く変わってくる。
放るのは…決してそれがいいことではないが…まだ侮蔑の意を表すで通らなくもないと思うけど、それを投げつけたんじゃあただの傷害事件なわけで、警察も動いているようだけど、どんな判断が下されるかが注目だ。

で、まあ試合はというと……
バロテッリは大丈夫か?と。
バロテッリを下げてテベスが入ってからマンチェスターシティーの試合は始まったかのような全体のリズムだったし………
あの個人プレーしかしない、あんまり周りのことを考えずにパス出して通らない、動き出しも微妙……
あの出来でテベスやジェコより優先して使った意味がわからない試合だったし、、、、
バロテッリはあれで下げられてロッカールーム直行(そのあとベンチには戻ってきたみたいだけど)とかよくやるな〜と。

試合は全然動かないシティーをよそ目にマンUがルーニーの見事な二発でリードを奪う。
シュートコースの見つけ方が素晴らしいなと…
股の間、トラップで角度をつけるやり方など、近年かつてほど点を取らなくなったとはいえ、その点を取るための技術はいまだに一級品であることを証明して見せたダービーだった。

でも、テベスが入ってシティーも躍動。
で、抜け出してのチャンスが多くできるようになり、そこからテベスやアグエロの波状攻撃から、最後はヤヤが決めて一点差。
さらにシウバが抜け出してのビッグチャンス、デヘアに当てちゃって得たコーナーを、こぼれ球がサバレタの前に。
サバレタは途中出場のフィルジョーンズの股を抜いてデヘアに反応させずゴール。

この勢いでシティーがたたみかけるかと思ったけどね〜。
おそらく後半唯一のオンターゲット(全体でもシティーの三分の一ほどの試合だった。)が入るとね…

比較的いい位置でのFKだったにもかかわらず壁の枚数は3枚でと指示したハート。
壁の枚数をぎりぎりにした理由はウェルベック投入による中で合わせられることへの警戒だとしたらファーガソン監督はお見事!!
壁をぎりぎりにしたハートの判断は、残念な結果に。
ぎりぎりの壁の中に入っていたナスリは怖がって他の壁の後ろに入って実質壁は二枚に。
他の二枚の選手はファンペルシーが直線的なボールではなく巻いてくるボールをけると分かった段階でそのコースにシフトしたのに、ナスリだけはそのシフトした選手の後ろに立ったまま。。。
ナスリがシフトしていなければいけない位置めがけて蹴ったファンペルシーのシュートは、壁にさえぎられることなくハートの指先をかすめサイドネットに吸い込まれていった。。。
壁(ナスリ?)に一応当たってはいたけれど……
ナスリ自体はバロテッリと同様のパフォーマンスしか魅せられていないように感じた試合だったしどうなんだろうな〜〜と。。

ハートはナスリを怒りに行く、チームの底上げのための貴重な時間は、ハートが逆方向(乱入したファン)へ怒りに行くことになったし……
乱入だとかコイン投げるだとか…チームのためになってると本当に思ってるのかね〜。


シティにとっては残念な結末となったダービー。
昨シーズンみたいにはそうはいかない。
まだまだテベスの動きとかみてると、シティーはやれる。
バロテッリをどこまで信じて使うのか、難しいところではあるけれど……

あれだけ選手を抱えてしまうと難しいなと。
DFはけっこう無名ながらもハイパフォーマンスが期待できる選手を集めてる感じがするんだけど……
前線はすごい名前がずらり。。
同じ人が補強してるようには感じられない選手の揃え方。
前は…このままだとマイナスにしか作用してない。。。

うまくうまく使っていければマンチーニはもっと尊敬を集められる指揮官になれると思うし、期待をしてる。

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
posted by S.ジェラード at 22:28| Comment(0) | 12/13プレミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月17日

アデバヨールの愚行…アーセナル(5)vs(2)トッテナム…第12節

試合の流れは間違いなくスパーズのものだった。
アーセナルは左SBにフェルマーレンを置く後ろは比較的守備的な布陣だったにも関わらず…

先制したのはスパーズ。
デフォーの抜け出しに最後はアデバヨールが詰めて先制。先制点は決めたよ。決めたけど…

さらにレノンの枠をかすめるショットなどノースロンドンダービーでアウェーのスパーズが躍動した試合だったが…

アデバヨールが低い位置でカソルラに愚かなタックルをして一発退場。あっという間に不利な状況にチームをもっていった。

そして前半、あれだけ押していたはずのスパーズは数的不利からガナーズに押し込まれ、メルテザッカーの頭•ポドルスキの左脚•ジルーの左脚で3-1に。

お客さんにいろいろ言われ、普通じゃないテンションでの試合になるのはわからなくもないが……
もう何回目のアーセナルとの対戦なんだか。
そろそろ大人にならないと。。。


アーセナルのカソルラは素晴らしいね。中へのドリブル•パスと一人でアーセナルの攻撃のリズムを作っている。
ハワード•ウェブにスルーパスをカットされようが、その直後にドリブルで持って行ってジルーへ合わせたマイナスのクロスとか圧巻すぎる。

ジルーもいろいろ言われるけど、中でのワンタッチストライカーとしての実力は素晴らしいと思うし、そういうボールをどんどん入れていければ面白い選手だと思うんだけどな〜


後半、スパーズは両サイドバックが下がり、デンプシーとドーソンを入れ3バックに。

ん〜ギャラスの方がドーソンより上なのかな……
ついでにロリスもフリーデルより上?
この辺はようわからん。

後半はお互い一点ずつを取り合い。
アーセナルはロングボールからウォルコット•ポドルスキとつないで、ファーへのグラウンダーのクロスをカソルラが合わせたもの。

スパーズはベイルのドリブルで最後はコシェルニーの股を抜いての素晴らしいゴール。
このあとしばらくスパーズの時間は来たものの、ものにはできず。

終盤チェンバレンを入れてチェンバレンの突破から外し続けたウォルコットへパス。でウォルコットが決めて5点目。
ウォルコットは一点目のアシスト、四点目の起点と外したとはいえ活躍してたし、ここから一皮むければ

スパーズはアデバヨールの退場が最後まで痛かった。
ダービー、古巣、普通以上に力が入るとはいえ……あれはダメ。

アーセナルは守備がちょっと心配になる失点の仕方ではあったけど…カソルラがこれだけのパフォーマンスを続けてくれればまだまだいけるでしょ。
ここからさらにフィットしていくはずだし。

応援よろしくお願いします

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村


posted by S.ジェラード at 23:46| Comment(0) | 12/13プレミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

ゴールセレブレーションの代償…エバートン(2)vs(2)リバプール…第9節プレミア

これぞプレミア、という迅い試合が繰り広げられた前半。
これぞマージーサイドダービー。
グディソンの雰囲気はかなり好き。
そしてスアレスも^^;


先手をとったのはリバプール。
左サイドのエンリケが駆け上がってクロス。
中に走り込んだ選手の対応でベインズを中に絞らせて、ファーでスアレスがフリーになるという見事な連携。
ちょっと角度はあったけど、スアレスは強引にシュート。
シュートはオフターゲットだったけど、ベインズに当たってゴール。
スアレスは戦前、スアレスのダイブを批判したモイーズの目の前でダイブをするゴールセレブレーションでそれに応える。
いや〜この素直な感情の爆発のさせ方は(嫌いな人も多いんだろうが)好きだな〜。
しかもそれを敵地でのダービーでやるんだからスアレスはたいしたもんだ。

さらにリバプール。
ジェラートのFKをスアレスが合わせて2-0に

エバートンは苦しいかと思ったが…
ここからのエバートンは見事だった。

きっかけはCKでのジョーンズのまずい対応だったけど。
CKファーでジョーンズは中へパンチングという意味不明の判断を…
これをオズマンが拾って簡単に追撃のゴールが決まってからは目まぐるしかった。
というかエバートンが押し込んだ。

特に左サイド、ピーナールの変わりにでたミラーラスは本当に素晴らしかった。
リバプールは右サイドをズダズダにされて、凌ぐ時間。
ミラーラスの仕掛けのスピードと正確なキックはこの試合の一番の見所だったと思う。
後半もプレーしていれば、おそらくリバプールは完敗だったのではないだろうか。

ベインズ•ミラーラスの左サイドからの猛攻と、時折見せるネイスミス•コールマンの右サイドからの飛び道具でリバプールを押し込むと、左に流れたイェラビッチが素早くいれたスローインをフェライニがキープしクロス。
これをネイスミスが合わせて同点にして前半を終えた。

後半は存在感のなかったヌリシャヒンを下げてコアテスを入れて3バックにするなど二枚を変えて流れを変えにかかったリバプールだが…
流れは依然としてエバートンに。

ただ、ミラーラスが足首を負傷して後半からいなかったために、最後の決め手がない。

すると後半アディショナルタイム、ジェラードのFKをコアテスが頭で落としてスアレスが決めてリバプールの勝利かと思ったが判定はオフサイド。

ん〜〜オンサイドだよね。。。
モイーズへのパフォーマンスが副審のイメージを損なったのか…

リバプールは判定に泣いたとはいえ、試合の流れはとても褒められたものではない試合だったし、ドローで御の字か。

しかし…リバプールがスターリッジを筆頭に若い選手が伸びてきているからか、メンツはエバートンの方が豪華に感じられた不思議なマージーサイドダービーだった。
応援よろしくお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
posted by S.ジェラード at 22:51| Comment(0) | 12/13プレミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。