2010年05月23日

ディエゴ・ミリートが魅せたCLファイナル

2009−2010チャンピオンズリーグファイナルのスターティングメンバーは以下の通り。

インテル ジュリオ・セザール ルシオ ワルテルサムエル マイコン キブ カンビアッソ スナイデル サネッティ エトー ミリート ゴランパンデフ バイエルン ブット ヴァン・ブイテン デミチェリス ラーム バドシュトゥバー ロッベン ハミト・アルトゥントップ ファン・ボメル シュヴァインシュタイガー トマス・ミュラー オリッチ インテルはモッタ、バイエルンはリベリーを出場停止で欠く試合。

試合はインテルは負傷の影響も心配されたスナイデルがしかける、バイエルンはロッベンがどんどん打つ、という展開。

ただインテルはロッベンさえ注意しておけばいいという感じなのでキブががっちりマーク。

対するバイエルンはエトーはみなきゃいけない、ミリートもスナイデルもみなきゃいけないでそういう戦術はとれない。

その差が出たのかな。

ポゼッションはバイエルンが圧倒していたし、ロッベンがキブを振り切る場面もあったんだけれど・・・ちょっと枠に飛ばなかったのがすべてなのかな。

そして、ついに均衡が破れる。

GKジュリオ・セーザルのロングフィードにディエゴ・ミリートがスナイデルにポスト、スナイデルからディエゴ・ミリートにパスが通り、ブットを動かすフェイントをみせてから落ち着いてネットを揺らしインテルが先制。

これはうまいわ〜

このフェイントをできるかできないかがゴールかただのオンターゲットかの違い。

そしてディエゴ・ミリートかトマス・ミュラーの違いになるのだろうか。

後半、トマス・ミュラーのシュート、ロッベンのシュートをジュリオ・セーザルをはじめとしたインテルDF陣がストップを続けてカウンターのチャンスをうかがう。

そして、、、またしてもディエゴ・ミリート。

ファンブイテンをあっさりかわして2点目。

ジェノアからインテルに入った時は、ビッグクラブでは活躍できるのかなんて懐疑的な目で見られてたけど、一番のビッグゲームでこの活躍・・・すごすぎる。

残りの時間をカンビアッソを中心に後半途中投入されたスタンコビッチ・ムンタリ・マテラッツィーで守り切りインテルが戴冠。

試合中、ロッベンと笑顔で抱き合っていたモウリーニョ・終了後バロテッリと抱き合っていたモウリーニョ・・・いろいろあったもんね〜。

チェルシー・CSKAモスクワ・バルサを倒してきたインテルが今年は戴冠。

こうしてみるとやっぱりすごい相手を倒してきてるね。

でも『グジョンセンの爆発』がもう少し前、モスクワ遠征前だったら果たして・・・

バルサの遠征前だったってこともあったから、やっぱりモウリーニョはついているのかなぁ。

来シーズンはここ、サンチャゴベルナベウで指揮をとるのが既定路線のモウリーニョだけど、マドリーの街で来る直前にこんなの魅せたら・・・

ものすごいハードルを上げた感じかな。

ただ今日みたいなサッカーをみせてると、カペッロみたいに切られないか心配だけど。

負けたファンハールバイエルン

前半のオンターゲットの少なさが最後まで響いちゃったかな。

リベリーがいないのもあったけど、中盤の底のファンボメル、シュバインシュタイガーのロングパスがことごとく引っかかってた印象。

ターゲットがロッベン一辺倒になっちゃったあたりが痛かったちゃあ痛かったんだろうが・・・もうちょっと工夫をみせてほしかった。

結局クローゼ入れてもコーナーは中途半端なショートコーナーだし・・・

せっかくでかいFWいれたんだからシンプルに入れればよかったのにと思ってしまう。

何回かインテルのゴール前をクロスが横切る場面もあったから今日のインテルはクロスへの対応はいまいちだったような気もするし。

優勝はインテル。

来年はどこのチームが勝ちあがってくるか。

決勝の舞台はウェンブリーだから、チェルシーやアーセナル、スパーズは気合がはいるだろうなぁ。

それまでに芝生がちゃんと根付くかが今から心配です。

ディエゴ・ミリートおめでとう。

エトォ、連覇おめでとう。

パンデフ、地獄のシーズンから天国への道、おめでとう。

サネッティ、インテル700試合目での優勝おめでとう。

モウリーニョ、2チーム目の戴冠、おめでとう。

そしてインテル。

3冠おめでとう。

posted by S.ジェラード at 06:05| Comment(8) | TrackBack(0) | 09/10各国リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

ヘルタベルリン(1)vs(3)バイエルンミュンヘン

モウリーニョ、見に来てたけどよくチケットとれたなー・・・

じゃなくて何を思ったかなー。

まずはオリッチ。

すごい。

あのパスをうけてあんだけ矯めてシュートを打って、隅ぎりぎりにけれる人ってそうそういないような。

あのタイミングであのコースにけられても守る方はなんもできないよ。

ただバイエルンのまずいのはやっぱり守備か。

けが人の回復・調整次第なんだろうけど、インテル相手にあの軽い守備はまずいよ。

そして、活躍して代表復帰も見えてきたブットだけど・・・

ん〜。やっぱりクラブが替えを探したくなるような危なっかしさを自分は感じた。

結局、ロッベンのゴールにつながったパンチングも、もうちょっと安定感をみせられないのか・・・

そしてロッベン。完璧。

エンブレムにキスもしてたし、しばらくはバイエルンと蜜月を過ごせそうかな。

リベリーもいない(予定)決勝は、攻撃はオリッチとロッベンの二人しだいにやっぱりなるのかな。

これで一冠目。あと二つ積み上げられるか、勝負はまだ2試合ある。

それにしてもヘルタベルリン・・・落ちるチームじゃないように思うけど・・・ホームで1勝しかしてないんじゃあしょうがないよね。

1シーズンでもどってこれるように願ってます。

posted by S.ジェラード at 01:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 09/10各国リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。