2012年11月01日

ゴールセレブレーションの代償…エバートン(2)vs(2)リバプール…第9節プレミア

これぞプレミア、という迅い試合が繰り広げられた前半。
これぞマージーサイドダービー。
グディソンの雰囲気はかなり好き。
そしてスアレスも^^;


先手をとったのはリバプール。
左サイドのエンリケが駆け上がってクロス。
中に走り込んだ選手の対応でベインズを中に絞らせて、ファーでスアレスがフリーになるという見事な連携。
ちょっと角度はあったけど、スアレスは強引にシュート。
シュートはオフターゲットだったけど、ベインズに当たってゴール。
スアレスは戦前、スアレスのダイブを批判したモイーズの目の前でダイブをするゴールセレブレーションでそれに応える。
いや〜この素直な感情の爆発のさせ方は(嫌いな人も多いんだろうが)好きだな〜。
しかもそれを敵地でのダービーでやるんだからスアレスはたいしたもんだ。

さらにリバプール。
ジェラートのFKをスアレスが合わせて2-0に

エバートンは苦しいかと思ったが…
ここからのエバートンは見事だった。

きっかけはCKでのジョーンズのまずい対応だったけど。
CKファーでジョーンズは中へパンチングという意味不明の判断を…
これをオズマンが拾って簡単に追撃のゴールが決まってからは目まぐるしかった。
というかエバートンが押し込んだ。

特に左サイド、ピーナールの変わりにでたミラーラスは本当に素晴らしかった。
リバプールは右サイドをズダズダにされて、凌ぐ時間。
ミラーラスの仕掛けのスピードと正確なキックはこの試合の一番の見所だったと思う。
後半もプレーしていれば、おそらくリバプールは完敗だったのではないだろうか。

ベインズ•ミラーラスの左サイドからの猛攻と、時折見せるネイスミス•コールマンの右サイドからの飛び道具でリバプールを押し込むと、左に流れたイェラビッチが素早くいれたスローインをフェライニがキープしクロス。
これをネイスミスが合わせて同点にして前半を終えた。

後半は存在感のなかったヌリシャヒンを下げてコアテスを入れて3バックにするなど二枚を変えて流れを変えにかかったリバプールだが…
流れは依然としてエバートンに。

ただ、ミラーラスが足首を負傷して後半からいなかったために、最後の決め手がない。

すると後半アディショナルタイム、ジェラードのFKをコアテスが頭で落としてスアレスが決めてリバプールの勝利かと思ったが判定はオフサイド。

ん〜〜オンサイドだよね。。。
モイーズへのパフォーマンスが副審のイメージを損なったのか…

リバプールは判定に泣いたとはいえ、試合の流れはとても褒められたものではない試合だったし、ドローで御の字か。

しかし…リバプールがスターリッジを筆頭に若い選手が伸びてきているからか、メンツはエバートンの方が豪華に感じられた不思議なマージーサイドダービーだった。
応援よろしくお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
posted by S.ジェラード at 22:51| Comment(0) | 12/13プレミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

あまりにもついてないマークヒューズ…アーセナル(1)vs(0)QPR…第9節

あまりについていないマークヒューズ。
あまりに報われないマーク•ヒューズ。

マレーシア人オーナーでF1のロータスのオーナーでもある、エアアジアのトニーフェルナンデスの御前試合。
エミレーツに乗り込んで、アーセナルに良さを引き出させることなく80分をゼロに抑えたにもかかわらず、得たポイントは0、開幕からの未勝利を9試合に伸ばしただけの試合にしてしまった。

愚行を犯したのはエンビア。
CKからのこぼれ球を副審の目の前でフェルマーレンと競り合うと、それに(フェルマーレンのタックルはファールではあったが)倒され激昂。
副審の目の前で倒れながらフェルマーレンの足に長い足で蹴りを入れてさようなら。
ヒューズは“フェルマーレンは大げさ”と会見でかばったものの…あれは誰の目にも明らかな報復。
救いようのない愚行をおかしたDFがピッチを去った直後に、マーク•ヒューズは敵地での強豪相手の勝ち点を失った。
それも不幸な形で…


QPRのユニフォームを着たジュリオセーザルはインテル時代同様の硬い壁だった。
決して鋭いわけではなかったアーセナルの攻撃を止めるのには充分すぎるポテンシャル。

数少ないアーセナルのチャンスも、ジュリオセーザルがギリギリで弾き出していた。
エンビア退場後の得点シーンもジュリオセーザルが一度は止めている。
それに詰めたのはアルテタ。
ゴールライン上にはアルテタとジュリオセーザルのみ。
そこにアーセナルの波状攻撃のラストパスが。
アルテタが押し込んだけど……まあオフサイドだよね。
でも副審は旗をあげずにゴール。

こういう形で試合が決まるのは…
本当にヒューズには辛いだろうな。。。

QPRが勝利に値するプレーを見せたかといえば、それは余りにも微妙。
ラストパスの精度、トップの動き、共に残留にふさわしいものではなかった。
あれだけできないんだから、どんどんザモラにまず当てていけばいいのに。
中盤であんなに時間をかけて結局トップにボールが渡らないんじゃあ……
ザモラも本調子じゃなかったんだろうけど、あれではあまりに宝の持ち腐れ。
ザモラなら、フェルマーレン•メルテザッカー相手に五分の勝負をできるから、そこからホイレット•ショーンライトフィリップス•ターラブトらをうろちょろさせた方がアーセナルは怖かっただろうし、他所にも通用すると思うけどな…
ボアテング•グラネロらもそうしたプレーを選択しなかったところをみるとヒューズの戦術ではないんだろうけど……このままでいいのかな。
このままでは監督を変えようが(そもそもヒューズ以上の監督を連れてこれるのか)、冬のマーケットで大量のお買い物をしようが手遅れになりかねない。



さて、幸運な勝利を手にしたアーセナル。
ジルーに何させたいんだろうね……
ある程度ボールを触らせれば、サイドからシュートを撃ったりもしてたし、前を向くことはできてるから面白いと思うけど……
崩してから走らせる、ではジルーにとってもアーセナルにとっても苦しい。

ましてやこの試合は左にポドルスキ、右にラムジー。
サイドで縦に仕掛ける感じではなかっただけに、余計に窮屈な試合となってしまった。

カソルラ•アルテタ•ウィルシャーも頑張って試合を動かしてはいたけど、窮屈だったよね。

そんな窮屈な試合だからか、ビッグチャンスは共に右からのクロスから。
サニャのクロスを中で合わせたラムジー、セーザルは一歩も動けなかったがボールはバーを叩いた。
もう一つはクロスを真ん中で完璧にフリーになったカソルラ。もシュートははるか枠の上へ…

ポドルスキ•ラムジーのサイドから、ジェルビーニョ(負傷し途中からアルシャビンに).ウォルコットにしてからの方がサイドで縦に行くから、幾分アーセナルの攻撃は改善されたよね。
ベンゲルはこの結果を見て、点を取るためにどう考えるのだろうか。
ポドルスキもいい選手だけに難しいだろうけどね。


この試合だけではないんだろうけど、フェルマーレンは素晴らしかった。
QPRの数少ないチャンスをシャットアウト。
最後のビッグチャンスはフェルマーレンが唯一かわされたものだった。

フェルマーレンがこのパフォーマンスを続ける限り、アーセナルの堅守は続く。
今シーズンは怪我なく頑張ってもらいたい。

応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
posted by S.ジェラード at 12:54| Comment(0) | 12/13プレミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

フッキよなぜゼニトに…ゼニト(2)vs(3)ACミラン…CLGL02

ポルトからどこへ移籍するかが注目だっなフッキ。
結局彼が移籍する先となったのはゼニトサンクトペテルブルク。
チェルシーをはじめとして、もっと魅力的な縛られないチームがすぐ前にあったのに…
という思いは監督がスパレッティであることで封印することにしたが…

ミラン相手に一人とんでもない存在感を放ってるのを見ると、、、
いやいやもっとすごいリーグでやったら、クリスチャーノになれたんじゃないだろうかと思っちゃう……

なんでゼニトになったんだ〜(>_<)


立ち上がりのゼニトの守備は甘かった。
危険な位置でFKを与えると、壁がよけたためエマヌエルソンのFKをちゃんと弾き返せず、壁に当たってゴール。

さらにその直後にはこれはエルシャーラウィーがすごかっただけとはいえ、一人でごぼう抜きにされてゴールをきめられと、あっという間に二点のビハインド。


この悪い流れを変えたのがフッキ。
相変わらずものすごく強引。でも百戦錬磨のはずのミランDFはフッキからボールを奪えない。
ゼニトはとりあえずフッキに当てて時間を作って押し上げると、ヴィツェルらが散らしてミランを押し込んだ。
そんな中での前半アディショナルのフッキのゴール、そして後半開始直後、フッキのCKを決めて同点にしたゼニト。
ホームでミランを下す試合になるかと思ったが…そこに立ちはだかったのがアッビアーティーだった。

危険なミドルショットを凌ぐと、ミランにもチャンスが。
この試合、ゼニトのクリッシトのサイドで苦労しながらも一番走っていたモントリーボが抜け出すと、追いつかれた段階でボージャンに代えて投入されていたパッツィーニへクロス。
これをフボチャンが痛恨のオウンゴールで試合が決まった。


ロシアから移籍するの大変なんだよな……

このフッキがいるにもかかわらず、ゼニトは不振とのこと…
ロシアではフッキをどうやって止めてるんだろう。
そこが気になる試合だった^^;


応援よろしくお願いします
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
posted by S.ジェラード at 23:03| Comment(0) | 12/13CL.EL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。