2012年06月12日

フランスのアイディアの欠如とホジソンイングランド…D組初戦

euro2012ingfra.jpg
戦前の予想通りフランスが圧倒的に押し込んだ試合だった。
特に前線のリベリ・ナスリ・ベンゼマの圧力は甚大で、イングランドは4411のうち、前にウェルベックとヤングを残してのブロックを作って引く展開を長い時間で見せていた。

イングランドはなかなか中盤のジェラード・スコットパーカーが試合を作ることができなかったが、要は彼らもかなり低い位置でプレーしていたわけで…相当苦しい試合をしていたと思う。ワンチャンスにかけようにも、一番前のウェルベックも窮屈でなかなかそこに預けて展開という形はとれない。
それでもヤングのスルーパスをミルナーに通して、フランスGKロリスと1対1の場面をつくり、ミルナーはロリスをかわしたものの無人のゴールに流し込むことができないという大チャンスもつくっていた。
少しイングランドの流れになったかなというところでのジェラードのFK.距離もあったけどライン際からという角度が幸いしたか、かなり長く大きなボールをファー目に蹴ると、ここにいたのがフランスの扇の要の巨人アルーディアッラとレスコット。
アルーディアッラのまずい対応で全くレスコットに競られず、レスコットが体ごと頭でボールをぶち込んだ。
先制したイングランドの流れを変えたのは、痛恨のミスを犯したディアッラ。CKを強烈なヘディングで合わせるも、ジョーハートのビッグプレーにあい、リベンジゴールはならず。
このあとイングランドからフランスに流れは戻るも、ディアッラは消えていく…長身は魅力だけど…あんまり効果的な起用には見えなかったな。

フランスが押し込みながらも勝てなかったのは、ディアッラだけでなく、マルダやキャバイエ、エブラにドゥビュシあたりの問題だ。
確かにリベリ・ベンゼマ・ナスリは強烈だ。
だけど彼らが下がってきて試合を作っても、イングランドはそこまで怖くないんだよ。
最終ラインに圧力をかける人が一人もいなくなっちゃった。結果ゴール遥か遠くからのミドルショット祭りに。
本当はキャバイエ・マルダ・ディアッラが組み立てて縦へボールを出すことで、ベンゼマやナスリやリベリーは、もっとゴールの近くでプレーしないといけなかったはずだし、彼らはそういう動きをしないといけなかった。ところがナスリ・リベリー・ベンゼマは、自らの能力を過信し、自分たちだけでゴールを狙っていた。そして後ろのディアッラは漂い、マルダはバランスを取ることに終始し、光るものを見せたキャバイエも組み立てるというよりは、ナスリらと同じミドルショッターになっていた。キャバイエは唯一縦へのパスもチャレンジしてたしすごく積極的だったから好感はもてるけど…途中からそれをしなくなったよね。
もう一つは、あれだけ押し込んだにも関わらず、仕掛けのタイミングでほとんどサイドバックを使わなかったこと。
フランスの唯一の得点機は左サイドからエブラを絡めてリベリー、ナスリのミドルショットという形であったにも関わらず、その形でSBを使うことをしなかった。

そして交代でもベンアルファというドリブラーとすっかり消えていたマルタンを入れて、結局何も起こせなかったフランス。

イングランドがいい試合をしたとは思わないよ。でもフランスも、守るイングランドを崩す工夫が足りなかったんじゃないかな…

フランスには人数をかけて守ればOKということが明らかになった試合。これはウクライナやスウェーデンにもかなりの朗報になるはずだ。

もちろんホジソンは守備をやらせたらピカイチの監督だけど、スウェーデンやウクライナにそれができないわけじゃない。
そして何よりスウェーデンにはズラタンイブラヒモビッチが、ウクライナには英雄シェフチェンコが、とウェルベックをはるかに凌駕するストライカーがいるんだから、ワンチャンスをモノにする力はルーニーを欠くイングランドを凌ぐよね。

フランスは硬いと思っていたグループだけど、これはわからないな。
フランスが前の三人以外を使うことを見せていけなければ…
かなり突破は危うい。

イングランド(1)vs(1)フランス

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
posted by S.ジェラード at 08:56| Comment(0) | EURO2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

イタリアの勢いとスペインの初戦…Cグループ初戦

イタリア(1)vs(1)スペイン
EURO2012itrspn.jpg
photo by bbc

このグループの予選突破はイタリアとクロアチアだと書いておきながら、やっぱりこのグループの一番の注目試合はこのカード。
近年のスペイン相手にこれほどまでに主体的な試合をし、そして押し込んだチームはあっただろうか。イタリアの出来は素晴らしかった。

まずはデロッシとキエッリーニ。
彼らの活躍で、シルバ、セスクにはほとんどチャンスを与えなかった。
彼らが一瞬の隙をつかれたシーンが失点シーンになったわけで、それ以外のシーンでの活躍の素晴らしさはそこで消えるものではない。
しっかりコースとスペースを消しつつ、ボールキーパーにはしっかりと間合いを詰めてボールを奪いにいくアグレッシブさと、マイボールになったときの落ち着いた展開力は光るものがあったし、この試合のイタリアの闘い方を支えるものになっていた。

中盤のピルロとチアゴモッタもスペインを倒すために持ちうるすべてを発揮できたと思う。
ちょっとイニエスタにやられた部分もあるし、チアゴモッタはヘディングシュートを決めておくべきだったけど、彼らが攻守に渡って動き回ったことで、スペインを上回る試合運びができたのだから。
そしてチアゴモッタは飛び出して決定的なヘディングシュートを、ピルロはディナターレの先制ゴールとなるスルーパスを通し、攻撃面でもキーマンとなった。
デロッシの最終ライン起用で、中盤から攻撃がどれだけできるのか、ピルロが止められたら終わりなんじゃないかと思った部分もあったけど、このチアゴモッタの積極性が不安を全て消した。

そしてアタッカー。
まずカッサーノ。倒れてから試合で見るのは初めて。一時は命も危ないんじゃないかと思った選手が、これだけ走りそしてこれだけ元通りの、それ以上のプレーを見せてくれるなんて!

かなりワイドに開きながらもボールを引き出して、そしてゴール前にも顔を出していた。両WBがこのカッサーノの仕事を担うことができるようになれば、イタリアはさらに良くなるんじゃないかな。
そして驚きのスタメン、バロテッリ。
ゴール前で脅威になったのはバロテッリだった。ただちょっとパスの精度を欠いたり、粗いプレーも目立ったりと、集中を欠いているんじゃないかというシーンも多かった。ここをどう使っていくか…
そしてカードももれなく貰ったし粗さの見えるバロテッリをディナターレに代えたブランデッリ。
そしてゴールはその直後、ピルロのスルーパスをこれぞディナターレというタイミングで抜け出すと、反対側のサイドネットのポストギリギリのところに右足で叩き込む素晴らしいシュートを決めた。あの落ち着きと技術は本当に素晴らしいものだった。ディナターレはおそらくこの大会がアズーリとしては最後。なんてことを南アフリカでも言われてて、それでもこの場にいるんだからわからないけど、年齢を考えればアズーリとしては最後の大会。
存分にディナターレを見せつけてほしい、そんな大会にしてほしい。

イタリアの喜びはそう長くは続かなかった。一瞬の隙をついて、見事な連携から同点に。
シルバに行けなかったのが全て…
シルバは中央左よりにいたにも関わらず、そのシルバにチャレンジに行ったのがキエッリーニ。そこまでうまく行っていた、イタリアのプレスがここでほころびを見せたんだろうね。そしてそのほころびを生んだのがスペインのワンタッチでの縦へのパスと縦への動きだった。
このシルバから、キエッリーニが外れて動けたセスクへのスルーパスが通り同点に。
そしてこの流れでなぜかレイナにイエロー^^;
レイナは宴会始めるの早すぎないか?

この試合で一番際立ったのはイタリアの前線からのハイプレスだった。スペインはこれに苦しめられた。あのバロテッリでさえセルヒオラモスへプレスをかけ、そしてボールを奪ってカシージャスと1対1の場面を作ったんだから。
今後スペインと対戦するチームには大きな勇気を与える試合になったのではないだろうか。

一方スペインは、シャビアロンソがこの試合で輝くことがなかった。
細かいパス回し自体は素晴らしいが、それだけでは、こうやって前からきっちりプレスしてくるチームを交わしていくのは難しい。
シャビアロンソのロングパスが生かせる展開になればよかったけど、前線の選手がセスクやシルバで、彼らはそのような動きをしなかったため、難しかったな〜と。
好転しない状況を、よくしたのは、もちろんセスクの同点ゴールもあったけど、それと同じくらいトーレスの投入だった。
トーレスは確かにチェルシーのトーレスのままで、抜け出しても枠へのショットを打つことのできないダメダメトーレスだった。
でも、トーレスが入ったことによって、シャビからトーレスへのスルーパスが、シャビから前線へのスルーパスが通るようになり、この試合で初めてスペインがイタリアを押し込んだ。
ゴールを決められないトーレスをデルボスケがどう考えるかはわからないけど、この日のトーレス投入はあたりだったし、流れを変えられる存在としていまだに大きなカードだと感じる試合だった。
しかもこの日のトーレスはシルバ・セスクがピッチを後にしてからの投入だったわけで、シャドーとしての役割を果たすのはイニエスタだけだったんだから。しかもそのイニエスタは前半から一人獅子奮迅の働きを見せていて疲れが見えだしてからだったわけだしね。
ヘスス・ナバスは完全に右サイドに貼ってて、トーレスを助ける動きではなく、トーレスが頑張ってできたチャンスボールをという感じだったんだからね。。。

結果としては引き分け、しかも同組のクロアチアはマンジュキッチ・イェラビッチと前線が結果をだしての勝ち点3.
どちらのチームも次戦勝てないと苦しくなるから、どれだけ落ち着いて戦えるかが勝ち上がりを大きく左右するんじゃないかな。



応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
posted by S.ジェラード at 12:55| Comment(0) | EURO2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

ユーロ2012展望

あと一週間とちょっとに迫ったユーロ2012ポーランド・ウクライナ共催大会。

今回もどんな試合が見れるのだろうと楽しみ一杯だけれども、、、はたしてどれだけの試合が見られるのかなという不安もあり‥^^;

そんななかで‥大胆ユーロ展望をしてみた。

グループA
チェコ・ギリシャ・ポーランド・ロシア

ん〜ロシアとチェコかな。。単純に見たいところだけ。。。
ただチェコは予選でFWの得点がほとんどなかったりという不安が。
レバントフスキが好調だと、自国開催のポーランドにも大きくチャンスが広がるはず。
ロシアとギリシャはようわからん。。。


グループB
デンマーク・ドイツ・オランダ・ポルトガル

ドイツとオランダなのかな‥と思うけど‥‥
どのチームにもチャンスがあるグループ。
ドイツとオランダは、タイトルを本気で目指すべき大会になるから、ここでつまずいているわけにはいかないんだけど‥‥
すんなりいくとは思えないな。
ドイツはクローゼとマリオゴメスしか真中を張れる選手がいないのかな‥‥
そこがブレーキになる可能性も‥‥
オランダは内紛がなければすんなりいくんじゃないかな。
毎回オランダはなにかがある。。。
それも含めて楽しみなんだけど。

クリスチャーノ・ロナウドが自らの全盛期に伝説となるのか、デンマークが固い守備で勝ち上がるのかといったところにも注目。


グループC
クロアチア・イタリア・アイルランド・スペイン

クロアチアとイタリアになると予想。
スペインは今回‥‥上がれないんじゃないかと。
ジャビとイニエスタが絶好調なら難なく上がれると思うけど、そうでなかった場合、最終ラインとセンターフォワードに不安を抱える戦いになるはずだ。
クロアチアは今大会の優勝候補なんじゃないかと。
モドリッチが自身の価値を高めるか、そしてイェラビッチがエバートンでの好調をどれだけ維持しているかも注目。
イタリアはちょうど世代交代をしている時期か。
ただ人材は豊富だし、彼らはみずからを縛り付ける枷がなく大会に望めるだろうから、予選はいけるんじゃないかな。


グループD
イングランド・フランス・スウェーデン・ウクライナ

フランスとスウェーデンかと。
ホジソン、いい監督だと思うけど‥準備期間なく、そこまで強くない今のイングランドを準備なく決勝トーナメントに導くのは至難の業のはずだ。
フランスはワールドカップ後、失ったものを取り戻す大会にできるかどうか。
勝ち上がっても平凡な戦いではそれはなせない。
優勝する力はまだ取り戻していない。
しかしブランが戦い方を間違わなければ、インパクトを残すことはできるはずだ。
スウェーデンはイブラヒモビッチがどれだけやれるか。全体的に小粒化してきている国だけに、この大会で全体的に飛躍することが求められる。
自国開催のウクライナはシェフチェンコがゴールを決める展開になるといいな。



優勝はクロアチア
ベスト4の残りはイタリア・ドイツ・オランダと予想。
はたして!!
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
posted by S.ジェラード at 19:19| Comment(1) | ナショナルチーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。