2012年05月24日

アブラモビッチ大願成就と今後のチェルシーを考える…チェルシー(1)vs(1)バイエルン

drogbaCL.jpg

夢の舞台CLファイナル。
それがホーム開催となれば夢どころでは済まされない。逃せば二度と帰ってこない。
バイエルンミュンヘンの偉大な歴史の中で、勝てばそれはもっとも輝かしい日になるであろう日。
ずっと語り継がれる日に、、、それが彼らを硬くしたのか。
そして、語り継がれるからこそ、応援する人すべてが見ている舞台だからこそ、闘い方を選ぶこともできなかった。
勝てばいい、カップを掲げればいいのではなく、彼らの形でカップを掲げなければ、その偉大な瞬間は損なわれる。結果としてシュバインシュタイガーやティモシュチュクが低い位置で見事な活躍を見せても、前ではロッベンとリベリーの個人突破で魅せるという形一択になってしまった。戦術が一つであれば、テリーとイバノビッチがいなかろうが(それでもダビトルイスとギャリーケイヒルがいるんだけど)チェルシーには守ることができた。
そしてリベリーやロッベンがそこまで好調ではなくオンターゲットをほとんどうてなかったこともバイエルンには災いした。

チェルシーは今シーズン何もかもを失ったシーズン。
彼らは勝つためならなんでもできる。バイエルン相手にあそこまで下がらなくてもよかった。でも彼らはそれを選択した。その方が戴冠の可能性が高いとディマッテオが判断したんだろうね。そしてその判断は最終的には正解だった。

チェルシーの戴冠アブラモビッチの悲願。

この日を迎えるために、アブラモビッチがどれだけの投資をし、偉大な指揮官がクラブをつくり、そしてどれだけ迷走してきたか…懐かしいね。

試合は後半終了間際から動いた。
左サイドの突破、ここから切り込んでオフターゲットがこの日のリプレイ。でもこの時は、中にクロスをあげたんだよね。
予想と違うプレーをすれば、どんな一流選手でもスキをつかれることがある。この場面ではアシェリーコールがそれだった。ファーからくるトマスミュラーを離した。ミュラーは中でヘディングを叩きつけると、ボールはバーのすぐ下まで跳ね上がってゴールへ。
これではツェフもどうしようもなくバイエルンが先制。
ただこれが悲劇の始まりになろうとは…

直後にトマスミュラーに変えてファンブイテンを投入のバイエルン。守りに入った。
一方チェルシーはトーレスを入れていた。そしてそのトーレスがスピードを生かしてこの試合チェルシーにとって最初のCKを獲得。
そして…そのたった一回のチャンスをとんでもない身体能力で決めるのがドログバ。ゴールから遠い位置をニアに走って思い切り体を捻ったシュートはニアの上隅に吸い込まれて行った。

延長への体を休める時間、ミュラーの表情はかわいそうだったな。。。
英雄になる権利を手にしながら、ほんの一瞬でそれを失ったんだから…チェルシーに何か言いたくもなるよね。

延長、やはり押したのはバイエルン。
でも中への絶好のクロスをファンブイテンはあわせられず、ドログバにリベリーが倒されて得たPKは今シーズン何度も外してきたロッベンがツェフにキャッチされて万事休す。
ロッベンは…結局PK戦蹴らなかったね。。。

PK戦のレベルはこの上なく高かったね。
ツェフはすべてのキックのコースと同じ方向に飛び、ノイヤーはその技術の確かさから、チェルシーのすべての選手に弾丸のようなシュートをギリギリのところへ蹴らせてた。そしてそのシュートを決めたチェルシーの選手がすごかった。彼らはモスクワでの悔しさを忘れずにいたことをこのPKで示したよね。
あんなPK普通には決められないよ。

そしてロッベンのPKを見ることもできなかったシュバインシュタイガーが外してチェルシーが勝利に。
この試合で、決めきれない前の選手に比べてシュバイニーは本当にいいプレーを見せていたよ。なのにその選手が一番つらい思いをしなくちゃいけない。PKってその率が高くない?だからこそ余計に、余計に残酷なシステムだし、願わくばこの形に変わる試合の終わらせ方を編み出してほしい。

チェルシーは悲願達成。
ドログバ退団の報道があるように、今のメンバーのサイクルの最後の試合だった。そして、そこが最高の場所に。
彼らがフットボール人生のすべてをかけて目指してきた舞台だ。本当におめでとう。この場に立てなかったイバノビッチにも合わせておめでとうと言いたい。彼もまた偉大な選手の一人だ。
ラミレスにも言いたいところだけどラミレスはまだ若い。この試合のチェルシーの攻撃が機能不全だったことから明らかなように、チェルシーの次の時代を担うべき選手にラミレスは入っている。もう一度自らのチームで偉業を成し遂げてほしい。

テリーにおめでとうと思うことはないよ。
この試合の守備を見てもテリーはやはり偉大なプレーヤーだと思ったけどそれだけ。


アブラモビッチにとって今シーズンってどんなだったんだろう。
買収以降公言してきたCLを制すこと、これを成し遂げたんだから最高のシーズンだったかというと…そうではないだろう。
今シーズンは監督にアンドレビラスボアスを招聘して、世代交代を断行したシーズン。
ところがランパードやドログバの世代交代に成功することはなく、リーグでは不振を極め、ビラスボアスは半年でチェルシーを離れることとなった。
そのあと、チームを継いだディマッテオはビラスボアスが目指したマタ・スターリッジ・ラミレス中心のチームから、ランパード・ドログバのチームに戻してFA杯とCLを制した。
ディマッテオは限られた期間で最高の結果をもたらした、素晴らしい指揮官だと思う。WBA時代に好きだった監督だし(今でもあの時切ったWBAの判断には不満…)、こんなまたとないチャンスをいかせたことを本当に本当に嬉しく思う。
でも来年のチェルシーはディマッテオと共には歩まないだろうなと。
アブラモビッチはこういうサッカーで頂点を極めたかったのだろうか…
答えはノーだよね。
ディマッテオでなし得る最良のものを手に入れてしまった今、ここからディマッテオと共に歩むメリットはないよね。
アブラモビッチの情熱が次にどこへ向かうか注目だ。
皮切りにドログバ放出のニュースがでたけど、ここからが新しいチェルシーのサイクルの始まりなのかもしれない。

暫定ながら最高のタイトルをもたらしたディマッテオ、おめでとう
そして一つの時代を築いたチェルシーの選手たちへ、本当におめでとうございます。

一人一人のこれからの未来がなおアグレッシブで素晴らしいものでありますように
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村


posted by S.ジェラード at 08:11| Comment(0) | 11/12CL・EL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

大外れの順位予想の反省

PCを壊し、スカパーが手違いで見られなくなってしまって、ハイライトと文字情報ばっかりになってしまった3月以降‥‥
それまではフルで試合を見ることは減ってしまいましたが‥けっこう見てたんだけどな‥‥

そうこうしているうちにプレミアリーグは閉幕‥マンチェスターシティーの44年ぶりの優勝で幕を下ろしました。
逆転しなければならない状況で90分に二点取って優勝を掴み取るのは、、、もはや技術云々じゃなくて執念です。。。

で‥
プレミアリーグ開幕直前!シーズン展望と当たらない大胆予想!!
なんてことを開幕前にやっていたので、その振り返りと反省。。。

ごめんなさいの一言です‥はい‥‥
特にマンチェスターシティーとニューカッスルとエバートンとスウォンジーについては‥‥

開幕前の順位予想はこちら
1位:マンチェスターユナイテッド
2位:リバプール
3位:アーセナル
4位:チェルシー
5位:トッテナムホットスパー
6位:マンチェスターシティー
7位:アストンビラ
8位:フラム
9位:ボルトン
10位:サンダーランド
11位:WBA
12位:エバートン
13位:ストーク
14位:QPR
15位:ブラックバーンローバーズ
16位:ウィガン
17位:ノリッジ
18位:ニューカッスル
19位:ウォルバーハンプトン
20位:スウォンジー

現実は‥(カッコ内は予想との差‥)
1位:マンチェスターシティー(+5)
2位:マンチェスターユナイテッド(−1)
3位:アーセナル(±0)
4位:トッテナムホットスパー(+1)
5位:ニューカッスル(+13)
6位チェルシー(−2)
7位:エバートン(+5)
8位:リバプール(−6)
9位:フラム(−1)
10位:WBA(+1)
11位:スウォンジー(+8)
12位:ノリッジ(+5)
13位:サンダーランド(−3)
14位:ストーク(−1)
15位:ウィガン(+1)
16位:アストンビラ(−9)
17位:QPR(−3)
18位:ボルトン(−9)
19位:ブラックバーンローバーズ(−4)
20位:ウォルバーハンプトン(−1)

シティーは強かったな〜と。
ユナイテッドと共にあんなに早くCL敗退してくるとは思わなかったけど‥‥
彼らの強さは別格だった印象。
2位と3位の勝ち点差が19‥どこのリーガエスパニョーラでしょ。

ニューカッスルは半年の間にキャロル・ノーラン・バートンと攻撃の軸がごっそり抜けた中で最終節までCL権を争うなんて考えもしなかった。
夏にデンババ、冬にパピス・シセという大当たりのストライカーを入れたのがまずきいたんだろうけど‥
それだけじゃあこんな躍進できないもんね。私の見る目がないだけです(><)

ストライカーの大当たりといえば、冬にレンジャーズからイェラビッチを獲得したエバートンもすさまじかった。イェラビッチはリーグ戦12試合出場ながら8得点。。。どんなモンスターだと。こういう選手が入ると‥‥予想は難しいと言い訳‥‥エバートンはリバプールの上でリーグを終えたけど、来シーズンは頭からこのイェラビッチがいると思うと恐いチームだな〜と。モイーズがここの所恒例のクラブへの増資要求を出しているけど、今このタイミングで受け入れられたら、もっとすごいチームになる力は十分に持ってるね。

スワンズについては、あのサッカーでこの成績。もう素晴らしいの一言に尽きる。
アーセナルをしのぐサッカーで来シーズンも楽しませてほしい。


さて‥予想を大外しして不振だったチームもちらほら‥
リバプールとアストンビラとボルトンは‥‥

リバプールはあんだけ補強して、まあその成果は皆無だったわけで‥‥
は言い過ぎか。カーリングカップとったもんね。FA杯準優勝だもんね。
でもプレミアでは惨敗。。。ここをどう考えるかは難しいけど‥‥やっぱり失敗のシーズンだったと思う。
タイトルを次につなげられない‥もったいないな〜と。
チェルシーとの試合を勝って2冠ならまたイメージも違っただろうけど‥

ヴィラは‥マクリーシュさんへの悪い予想がそのまま当たった形に。。。
いや、落とさなかったからマクリーシュさんのポテンシャル以上の仕事はしてくれたのかな‥
ライバルチームの監督を迎えてこれでは、、、フロントの責任は重い。

ボルトンは個人的にはまさかの降格。
シーズン頭から守備がざるもいいとこ。ケイヒルがいてそうだったんだから冬のマーケットでケイヒルが移籍してよくなるわけがない‥‥
コイルさんは何を間違えたんだろうな〜。ズボンのチョイス以外を間違うと悲しい結果になっちゃうよね。


ちなみにどんぴしゃはアーセナルのみ。
あれだけ前評判が悪くて順位上げたのは本当に見事だと思うよ。ヴぇンゲルさんさすが。
まあ‥最終節まで5位になる可能性もあったわけだけど。。。

スパーズもチェルシーがCLで優勝できなければCLカムバックの4位。モドリッチやベイルにきな臭い話もあるけど‥‥よくやったシーズンだと思う。
マンチェスターの2強を脅かす可能性もあったわけで‥もったいないという見方もできるけどね。


最後にちょっとだけ言い訳を‥
順位予想が±1以下だったのが8チーム。
昇格組は見てないから外すのは仕方ない。
だから8/17と五割に近い形で予想は正解!!
けっこういい線いってるんじゃない????

とまあ負け犬の遠吠えをして順位予想の反省は終わりにします。
楽しかったシーズンをありがとう!!!
12/13シーズンの開幕が楽しみです。
それまでには試合を見れる環境をつくります。

応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
posted by S.ジェラード at 20:00| Comment(0) | サッカーニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

速いファンペルシーと遅いダルグリッシュ‥リバプール(1)vs(2)アーセナル‥第27節

ロビン.jpg
photo by bbc

試合はリバプールのものだった。
23分にヘンダーソンのクロスをコシェルニーが見事にニアからコースを変えてシュチェスニーが反応できない見事なシュートでゴールに転がさなくとも(要はオウンゴールがなくても)、リバプールが完璧に押していたし、ポゼッションだってチャンスだってリバプールのほうが多かった。
じゃあなんでアーセナルが勝てたのかといったら、この試合に関してはファンペルシーただ一人に尽きた。
31分、サニャが右でフリーで上げたクロスにきれいに反応し、衰えを隠せないキャラガーの前に出ると頭で合わせて同点ゴールを。
そして後半アディショナルタイム、ジェルビーニョの縦パスに抜け出してボレーでレイナのニアを抜いて逆転勝ちにもっていった。
今シーズンのファンペルシーはこれまでとまったく違う、すばらしいストライカーになったことを改めて証明して見せたそんな試合になった。

この試合もう一人アーセナルでスポットライトを当てておかねばならないのはシュチェスニーだ。
スアレスのダイブかもという微妙な判定でPKを献上してしまったシュチェスニーだが、そのPKを自ら消して見せたのは本当にすごかった。
カイトの左へのキックをセーブすると、そのこぼれだまを押し込もうとしたカイトの二本目もストップしてみせた。
こんなビッグプレーの後にやらかした何度目かのコシェルニーに対しても、その直後コシェルニーに声をかけている。
コシェルニーはその後いつもどおりプレーすることができた。

足元がひどいのは相変わらずだけど、それを補って余りある選手に成長している。




一方勝てたであろう試合を落としたリバプール。
う〜ん‥‥
確かにPKストップにあったり、ファンペルシーがすごかったり、ポストを何度もたたいたりと‥あったけど‥‥
そしてアルテタが倒れてたから長いアディショナルだったのも間違いないけど‥‥
終了間際にベラミー、失点後のアディショナルタイムにキャロルをというのは勝つためにはどう考えても遅い。。。
勝たないといけない試合だったはずだし‥
そういうできることをしっかりやった上でそれでも及ばなかったんなら仕方ないけど‥せっかくああいう勝ちゲームの試合運びをしていながら、交代で勝利への執念を見せられなかったのは本当に残念だし、もったいないなと思う。
今シーズン、リバプールはCL圏内で終わらなくてもいいのだろうか。

カーリングカップ制覇とEL出場権で満足なの?

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
posted by S.ジェラード at 20:00| Comment(0) | 11/12プレミアリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。